ino_mark_33_40 sp


執筆記事:  週刊現代 8月8日15日号

日本中のパソコンから中国にデータが盗まれている




この記事はwebでは公開されておりません。



内容は、三菱電機への中国からのサイバー攻撃によって、島嶼防衛のミサイルシステムの情報が漏れ原因について、使用していたアンチウイルスソフトに原因があったのではないかということを指摘するものです。要は、アンチウイルスソフトに欠陥がありながらそれを放置した結果、重要な防衛秘密が盗まれたということです。


このサイバー攻撃は、研究者によると人民解放軍傘下のハッカー集団によるものと見られています。

ino_mail_189_40
TOP PAGE >>