ino_mark_33_40 sp


執筆記事:  週刊現代 11月7日号

トヨタの売り上げが5分の1になる日





この記事はwebでは公開されておりません。


内容は、各国・地域で二酸化炭素の排出規制が強まる中、自動車業界の電動化は加速するでしょう。
多くの日本の自動車メーカーはいま、電動化の基軸にハイブリッド車を置いていますが、規制はハイブリッド車だけでは対応できないほど強まり、一気にEVの時代が到来しそうです。
もちろん最終的には消費者が判断することではありますが、規制によって市場ができている一面は否定できません。
EVの時代が来れば、クルマのコモディティ化は進み価格が下落し、自動車メーカーの売上が5分の1に落ちる可能性すらあるということや、迫りくる産業構造の変化への対応に警鐘を鳴らした記事です。

ino_mail_189_40
TOP PAGE >>